スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MVM、各実行委員賞の発表・イベントの振り返り


9月3日をもちまして,PSM2017にご寄稿頂いた全ての備忘録の公開が完了いたしました。
備忘録をご提出いただいた参加者の皆様,備忘録をご覧くださった皆様,本当にありがとうございました。

本記事では「MVM:Most Valuable Memorandum(1名)」と「各実行委員賞(5名)」の備忘録を発表したいと思います。最後に本イベントを締めくくるに当たって、各実行委員からのコメントを掲載いたします。



■MVMの発表

本イベントにご提出頂いた備忘録の中から,PSM2017実行委員会がが最も優秀であると判断した備忘録「MVM(Most Valuable Memorandum)」を発表いたします。

MVM(Most Valuable Memorandum)は…

Ehvenさんの
「ペン回しをうまく見せたいのなら、チャージガトリングをやめなさい」です。
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-85.html
おめでとうございます。

以下、選考に際しての実行委員会からのコメントです。

コメント:
今回大賞を選ぶうえで 「後から読み返したくなる備忘録であるか」 という基準で審査を行いました。
運営委員会の総意のもと Ehven さんの「ペン回しをうまく見せたいのなら、チャージガトリングをやめなさい」を大賞に選定いたしました。

誰でもわかる平易かつ挑戦的なタイトルは、「いったいどんな備忘録なんだ?」と読者の期待を膨らませます。リンク先を開くと、Ehvenさんの豊富な審査委員経験からくる、
FSを組む上で大切な要素や、文体から滲み出る氏自身のキャラクター性を存分に楽しむことができます。

理論の正当性には当然賛否があるかもしれません。内容に対して疑問を呈していたスピナーも多々見受けられました。これに関しては「自分の好きなスピナーや、CV に出演している上手い人たちは本当にEhvenさんの言うような工夫をしているのか」などの観点から、各自で検証する必要があります。しかしながら、昨今、FSの技術論等について公での議論が減りつつある現状に一石を投じるような内容でした。

数多くの FSを見てきたEhvenさんだからこそ書くことのできる備忘録だったと思います。 「より良い FSとは何か?」を突き詰める上で、何度も参照したくなる備忘録でした。MVM受賞おめでとうございます。


■各実行委員賞の発表

本イベントにご提出頂いた備忘録の中から各実行委員が、独自の基準で選定した参加者を表彰し、賞品を贈呈いたします。各賞とともに、選定を行った各スタッフのコメントを付記します。


・TheCCAW賞

qawsさん「水カララッシュ」
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

コメント:
普段ペンの収集とは無縁な私ですが、潜在的に秘めたるスピナーとしての収集癖のようなものをくすぐられました。
特に埼玉の文房具屋にローラー作戦の如く片っ端から電話をかけるという行動力には脱帽です。華やかなペン画像の数々に心惹かれた方も多いのではないでしょうか。素晴らしい備忘録をありがとうございました。おめでとうございます。


・Prague賞

『Beat Red』さん
「韓国の通販でお買い物した話」
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-74.html
「コンピューターサインペンって正式名称なの?」
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-84.html

コメント:
僕の選んだ個人賞は、『Beat Red』さんの「韓国の通販でお買い物した話」および「コンピューターサインペンって正式名称なの?」です。

ペンに対する愛がヒシヒシと伝わってきてとても好みでした。特に「コンピューターサインペンって正式名称なの?」は資料価値としても高く、コンピューターサインペンを知っている人から知らない人まで読んでほしい備忘録だと感じました。おめでとうございます。

・Lotus賞

rohacyさん「デジタル一眼でもフリースタイルは撮れる!」
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-72.html

コメント:
私が個人賞に選んだ備忘録は、rohacy さんの『デジタル一眼でもフリースタイルは撮れる!』
です。

個人賞は各運営委員の独断によって選ばれています。私の場合は、「将来的にペン回しに関
わる作品に寄与しうるか」を基準に個人賞を選出致しました。

嘘です。

単純に私が個人的にデジタル一眼でのペン回し撮影を勉強するつもりでいたところに、タ
イミングよくこの備忘録に出くわし、大変参考になったというのが本音です。手軽なWeb
カメラでの撮影から一歩進んで、一眼での撮影にチャレンジする際の参考テキストとして
後世に残しておきたい記事だと思います。

rohacyさん、おめでとうございます!

・vampire賞

Beigeさん「インフィニティ的視点からのグリップレビュー」
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

コメント:
まず、今回のコンセプトである「呟きの、その続き。」を元にちょっとディープな記事を私の好みを混ぜつつ選びました。
ペン全体ではなく、グリップへ焦点を当てられたこの記事は筆者のインフィとグリップへの愛やこだわりをとても感じましたし、他の方では書けない記事だったと思います。
そこで上記の理由より「インフィニティ的視点からのグリップレビュー」著beigeさん へ私の個人賞をお贈りします。 大変おもしろい記事をありがとうございました。
2017年9月14日


・Frontier賞

ShiNogUさん「『ペン回しファン』という存在」
http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

コメント:
私からはShiNogUさんの「『ペン回しファン』という存在」を個人賞に選定しました。

「『ペン回しファン』という、ペン回しを見るだけの人たちがいたら?」という、純粋な若い方だからこそ生まれる問いに対して持論を展開しています。
そして最近、「日本ペン回し連盟」が「ペン回しファン」を増やそうと、盛んに活動を行っております。そしてYouTuberにもペン回しをウリに、活動を行っている方もおり、ペン回しの認知度は今後も徐々に高まっていくことでしょう。
ShiNogUさんはまだまだ若い方。変わりつつあるペン回し界の将来を担う一人として、様々なことに挑戦してほしいと思います。
おめでとうございます!

以上です。

各実行委員賞を受賞された皆様、おめでとうございます。
(後日、賞品の贈呈に際して、受賞された皆様に各実行委員よりご連絡を差し上げます。)

■イベント終了にあたり各実行委員よりコメント

TheCCAW
備忘録をご提出頂いた皆様。各記事にコメントを下さった方々。提出はしなかったけど毎日更新を楽しみにしてくれていた人。そして、見切り発車の企画にご協力いただいた実行委員会各スタッフの皆様。どちらを向いても感謝しかありません。ありがとうございました。

Prague
お疲れ様でした、Pragueです。
運営というのは、皆様の備忘録をいち早く読むことのできる最高のポジションです。今年も楽しませていただきました。ありがとうございました。

Lotus
微力ながら、このイベントに協力できてよかったと思います。ありがとうございました。

vampire
無事今年も開催され、こちら側からイベントに参加出来良かったです。本当に僅かしかお力になれませんでしたが、ありがとうございました。


Frontier
1か月間という短い間でしたが、ありがとうございました。そして、今年の“メモランダム“が無事終えられたのも皆様のおかげです。そして昨年よりも多様なテーマの備忘録を楽しむことができました。
ぜひ今回のイベントに留まらず、自分の意見を発信、交換し合い、よりペン回し界の発展が期待できる雰囲気が生まれるのを楽しみにしております。
重ね重ねありがとうございました。



本ブログのコメント欄やツイッターのハッシュタグ「#PSM_2017」等で、
本イベント全体を通じた感想やご意見をお寄せくだされば幸いです。


以上をもちまして『Pen Spinning Memorandum 2017』を終了とさせて頂きます。参加者の皆様,イベントを応援してくださった皆様、参加も応援もしてないけど少しでも本イベントを気にしてくださったスピナーの方々、本当にありがとうございました。


以上


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。