【8月10日:更新】「地元」

『Pen Spinning Memorandum 2017』備忘録の公開10日目です。

※諸般の事情により、8月9日~8月13日に渡って、PSM2017運営スタッフによる備忘録を公開いたします。

本日の備忘録はこちら!

Frontier:「地元」

以下追記よりご覧いただけます。どうぞ!


皆々様こんにちは。
PenSpinnning Memorandum 2017参加記事です。

自分も記事を書くことを運営内で話したら「おんどりゃてめぇいつも固くて難しいこと言いすぎじゃぁもっとぽっぷに書けこるぁ」と言われてしまいました。運営のひとたちって本当はみんな怖い人だったんだね……。

-------
知っている人は知っているかもしれませんが、wizardさんの備忘録(『趣味と特技』http://psmemorandum.blog.fc2.com/blog-entry-58.html)にアンケートがあったので自分も答えてみました。
「あなたにとってペン回しとは?」という質問だったんですが、自分の答えは「地元」。「地元」て。「また困った答えが返ってきたよ…調子にのんなよふざけんなよ…」というwizardさんの心の声が聞こえてきそうです(うそうそ)。

この「地元」についてですけど、正確には「ペン回しが」というか、「ペン回し界が」ですね。

ペン回しを始めたのは中3で、ペン回し界に首を突っ込んだのが高1です。ペン回しを始めてから12年目ですが、本格的に界隈に浸かり始めてからは今年で11年目になります。

ここまで来ると、これまでのどのコミュニティよりも、ペン回し界(というコミュニティ)にいる時間が一番長いですし、これまで経験してきたどのスポーツよりも深く、色んなことを考えてきました。

いつの間にやら自分は社会人3年目になっていましたが、実生活でどんなコミュニティに属していても、片足は大抵ペン回し界に突っ込んでいたように思います。

そして自分の人生のターニングポイントでもペン回し界は常にそばにありました。
大学時代にサークルを続けるか否か(所詮サークルですが自分の中では相当大きな位置づけです)で、アドバイスをくれたのもペンスピナーでした。
仕事がキツイあまり転職するか否か考えていたところに、新たな一歩を、背中を押す一言をかけてくれたのもペンスピナーでした。

自分はペン回し界の交友が広い方ではないですが、ネットで趣味を共通にして知り合った関係だからこそ、交友が狭くも濃く、また緩くも長く、昔と変わらない関係で続けられているのかもしれません。そんなネット上での交友関係があることを友人に聞くと結構驚かれます。珍しいコミュニティに属していることは間違いないですし、自分をよく知る数少ない友人がいるのもこのコミュニティです。

自分もペン回しから離れていた時期はあります。浪人とか実生活が忙しいときとか。ただそんなときでも、ペンスピナーのSNSは活発に動いていたり、JapEnが毎年公開されていたりして盛り上がっているとなんとなく安心します。まだ日本ペン回し界も生きているんだなぁと。そういう様子を見ると「里帰り」したくなりますし、大して活動していないくせに「わしが若いころはなぁ!最近の若い者はなぁ!」と色々口を出したくなってしまいます。

僕の「地元」は少子高齢化なんてなんのその、次から次へと若い子たちが生まれてきています。
「地元」を飛び出すのはいつなのかまだわかりませんが、もうちょっとだけ「地元」で遊ぶ楽しさを一緒に味わいたいですね。



以上、Frontierの備忘録で『地元』でした。

明日は運営スタッフのTheCCAWによる備忘録を公開予定です。

愛の御旗の下に

お楽しみに!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント