【8月3日:更新】「基礎、そして個性」


『Pen Spinning Memorandum 2017』備忘録の公開3日目です。

本日公開の備忘録はこちら!

Eさん:「基礎、そして個性」

以下追記よりご覧いただけます。どうぞ!





不慣れな人ほど奇を衒う
ー テレビアニメ「氷菓」 折木奉太郎


物事の基礎を学ぶうえで、他人の真似をすることは、むしろ好ましいことである。
問題は単なる真似なのか、真似を通じて自分のスタイルを作っていくかである。
単なる物真似は、進歩の放棄でしかない。
ーナポレオン・ヒル


全てはスタイル 飛び方次第
変わりは誰にもやらすな
ー稲葉浩志「羽」



ペン回しをするうえで大切なのは《基礎》
そして見ただけで「あの人だ」と分かるような《個性》だと思います。


ペン回しを初めてあまり経たない人がインパクトの大きい、楽しそうな大技に手を出しがちです。趣味として楽しむ分には良いかもしれないですが、CVに出たりするなど積極的ペン回し活動をしていくうえでは基礎を疎かにすると後に詰まってしまいます。


また、自分のお気に入りスピナーを見つけ、その人の真似事ばかりをやってしまうのも良くないと思います。
その人の劣化版になってしまうだけです。
真似を通じて自分なりのスタイルを形成していくことが大切だと思います。




充分な基礎を身につけた後に、誰にも代わりが出来ないような自分なりのスタイルを身につけて周りに差を付けましょう。



以上、Eさんの備忘録で『基礎、そして個性』でした。
ご投稿頂いたEさん、ありがとうございました。

明日公開予定の備忘録は
ebanさんの『ペンスピナーであることをカミングアウトして得られる効用について』です。

明日も絶対みてくれよな!!

コメント

No title

衒う
が読めないので評価できません。

てらう

コメントの投稿

非公開コメント