【8月1日:更新】「趣味と特技」


『Pen Spinning Memorandum 2017』備忘録の公開1日目です。

本日から8月31日まで、みなさまから頂いた備忘録を毎日1つずつ更新していく予定です。
よろしくお願いします。

PSM2017、記念すべき最初の備忘録はこちら!

wizardさん:「趣味と特技」

以下追記よりご覧いただけます。どうぞ!





僕は文章を書くのが苦手なので読みづらいところがあると思いますがそこはご了承ください。



 なぜこのテーマにしようと思ったかですが、僕自身飲み会や就活、あとは人とのコミュニケーションツールとしてペン回しをしていない人の前でペン回しを披露したことがあります。そのときに「すごい特技を持っているね」みたいな事を言われたり、友達と趣味の話をしているときに「お前ペン回しあるじゃん」みたいな事を言われたことがあります。
そういったことの積み重ねによりペン回しは趣味なのか特技なのかを考えることがたまにありました。


 改めて考え直してみると自分の中ではペン回しは[趣味][特技][パフォーマンス(競技)]の3種類思い浮かびました。

 まず辞書で趣味と特技を調べたら
趣味・仕事、職業としてでなく、個人が楽しみとしている事柄。
特技・自ら得意とする特別の技能。
と出てきました。

 ペン回しを仕事や職業としている人はほぼいないと思います。そして、一部例外もあると思いますが基本的にペン回しを極めようと思う人はやっていて楽しいからだと思います。そういう面ではペン回しは趣味がしっくりくると思います。
 しかし、ペン回し界的なペン回しの上手下手は置いといて非スピナーからスピナーのペン回しを見たとき、自分にはできない特別な技術を持った者みたいな感じで捉えられると思います。そういう面ではペン回しは特技でもしっくりくると思います。
 またパフォーマンス(競技)はペン回しの国内大会(NPF)や世界大会(WT,WC)があり、またジャグリングのJJSというフリーパフォーマンス大会みたいなものでKayさんやochaさんが出場してペン回しを披露したりしています。
参考動画 → https://youtu.be/_VpWfmZ0kX0

 自分の中ではこれくらいかなと思っていましたがtwitterで少し聞いてみたところ
[第二の心臓][人生][生きがい][中毒][地元]
という考え方の人もいました。
自分の中では欠かせる事ができないものみたいな人も多いのだなと思いました。


 ちなみに僕自身ペン回しは趣味か特技かなら趣味よりかなと思っています。一応ジャグリングの集まりでペン回しをパフォーマンスとして披露した事がありますがあくまで自己満足だったのでそんなにパフォーマンスとしては捉えていません。
他のスピナーの方々にどう思っているかをTwitterでアンケートをとってみた結果(約200人が回答)、
趣味 61%
特技 17%
競技(パフォーマンス) 10%
その他 12%
            アンケートに協力してくださった方々ありがとうございます。
といった結果が出ました。やはり趣味と捉えている人が多く特技の人もそれなりにいました。パフォーマンスに10%入ったのは思ったよりも多いという印象でした。


たまには自分が特に深く考えていないものに対して何かを追求してみるのも悪くないと思います。


Pen spinning memorandumの実行委員の方々今年も素敵な企画をありがとうございました。



以上、wizardさんの備忘録で『趣味と特技』でした。
ご投稿頂いたwizardさん、ありがとうございました。

明日公開予定の備忘録は
ぽろえさんの『MMDから生まれるデジタルのペン回し』です。

明日もよろしくお願いします!!

コメント

No title

結局何が言いたかったのかわからない。
このアンケートから読み取れることは「意外」ということだけではないはず。
ペン回しが趣味で終わってしまっている人たちをいかに競技の方に取り込んでいけるか、そこにペン回しの技術的発展が見えてくるのではないかと考える。
もっと自分の意見を主張してもよかったのではないかと思う。

コメントの投稿

非公開コメント