9月20日:更新「ペンの紹介」


『Pen Spinning Memorandum』備忘録の公開41日目です。
本日の備忘録はこちらです。

Roof gardenさん:『ペンの紹介』

以下追記より





私はペンが好きです。
そのペンに対する思い入れを「未改造ペン」に焦点を当てて紹介させていただきます。

Dr.Grip

1.jpg

独特の回し心地、筆記のしやすさ、多種多様な配色、グリップの触り心地などどれをとっても素晴らしいと感じる逸品。白・黒色のグリップもナランハやスピループスで販売されており、配色の幅がさらに広がった。
画像手前側一番右のものは祖母が晩年まで愛用していたものであり、家族にとっても思い入れのあるペン。

signo GP

2.jpg

スパシグノやenot氏仕様シグノGP modに使われることでお馴染みのペン。
私がペン回しを始めたての頃に使用し、ソニックひねりを習得したときに指先がインクまみれになっていたのは今では良い思い出。授業中に回していて初めて没収されたのもコレ。
最近生産が終了してしまったようで本当に残念。

ラメG3

3.jpg

とあるスピナーさんから頂いたもの。キラキラテカテカするのがチャームポイント。触り心地はG3ボディとは違い全く滑らず、指にまとわりついてくる感じ。グリップ部分の突起も無いので加工がしやすい謎ペン。ゼクシィと印字されたバージョンもあるらしいが詳細は不明。
配送事故は大切なペンに限ってやってくるという教訓を学んだ。

マービーマーカー

4.jpg

万年筆コレクターの方との交渉で入手。缶のデザインが綺麗。女の子の絵は怖い。色んなタイプがあり、どれも魅力的で目を奪われる。色軸→生産に費用がかかる…→黒軸化の流れは結構あるらしい。
色軸があるとの噂を聞きつけ世界堂へ行ったが置いてなかったのでG3を大量購入した。profileが置いてある方と置いてない方の世界堂があることを地方スピナーは知らない。私も知らなかった…

Sailor Gel

5.jpg

今では赤・青・黒しか見かけない高騰中のペン。グリップが同型のものや似ているペンが非常に多くややこしい。最も重心調整のときに詰め込まれたペンという印象。切り刻んだのを後悔している。
ダイソーに売られているところを見つけたとき感動した経験のあるスピナーは私だけではないはず。


6.jpg

7.jpg

紹介しきれなかったがどれも思い入れのあるペン達。

私の「ペンが好き」という気持ちが少しでも皆様に伝えることができたのであれば幸いです。
以上をもちまして私の備忘録とさせていただきます。

Roof Garden



以上,Roof gardenさんの備忘録で『ペンの紹介』でした。
ご投稿頂いたRoof gardenさん,ありがとうございました。

明日公開予定の備忘録はLotusさんの『コンサートホールと美術館』です。

目指せ、レッツゴー・メモランダム!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント