スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日:更新「スキのちからで」


『Pen Spinning Memorandum』備忘録の公開31日目です。
本日の備忘録はこちらです。

VAINさん:『スキのちからで』

以下追記より





---

スキのちからで飛んで飛んでみようか
そこになにかが待っているから
スキのちからで飛んで飛んでみたいって
言葉にすればそれは叶うよ
-HEART to HEART!/μ's

---

世界中のハッピネスうごかす鍵はもう
受け取っているハズなんだ
キミがキミが開ける番!
-ナゾ!ナゾ?Happiness!!/ミルキィホームズ

---

好きなことはくるしくたって
努力と感じないよ
-D'の純情/ももいろクローバーZ

---

本記事で僕が皆さんにお伝えしたいのは「ペン回しを続けてほしい」という気持ちです。

僕は今年2016年の9月でペン回し歴8年になります。
ペン回しに出会って8年過ごしていればそれはいろんな出来事があります。
これは僕だけではなく皆さんもそうかと思いますが、良い事も悪い事も経験してきました。

これは実は当然のことで、生きている内のほとんどの事象に当てはまることだと思います。
良い事があるから悪い事があり、悪い事があるから良い事がある。
それは生きている以上仕方のないことかもしれません。

ですがこと趣味の一つであるペン回しにおいては悪い事を上手く避けていくことが出来ると思います。
その基盤となる重大なもの、それは好きという気持ちです。
この好きという気持ちは自分の中から湧き出したものです。
ここに他の介入はありません、これがすごく重要です。
自分が自分で好きである、この事実はあらゆる意思決定においてかなり強固な根拠になります。
皆さんにはそこを改めて認識し直してほしいのです。
何らかの壁にぶつかったとき、様々なしがらみから一旦距離をおいて、自分自身が本当に好きなものは何なのか考えなおしてみてほしいのです。

好きという力があればどんな困難も乗り越えられる、そう思っています。

そしてひたむきに、実直に好きという気持ちによりそうことはいつか必ず実を結びます。
僕はESTourで3位に入賞することが出来ました、JapEn11thに出演することが出来ました、Lovetrap Cupで5位に入賞することが出来ました。
好きという力のもとに努力を行ってきた結果、実力自体の向上もあるとは思います。
ですが、特にLovetrap Cupにおいてはその実力のみで勝ち取れた入賞であるとは思いません。
自分で言うのも憚られますが、実直に大会とひいてはペン回しと向き合い続けた結果だと思います。

目指す頂は遥か遠く道は険しい、見上げれば自分より上の人がいくらでもいる状況かもしれませんが、真っ直ぐに実直に着実に前へ進み続けてほしいです。
ペン回しを続けてさえいればいつか必ず幸福な見返りを手にすることが出来ます。


皆さんペン回しが好きという気持ちはあるはずだと僕は思っています。
その気持ちを持って、いつまでもペン回しを続けてほしいというのが僕ののぞみです。



以上,VAINさんの備忘録で『スキのちからで』でした。
ご投稿頂いたVAINさん,ありがとうございました。

明日公開予定の備忘録はタロイモさんの『上手いとは何か』です。

明日も サービス サービスぅ!


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。