9月6日:更新「復活の理由」


『Pen Spinning Memorandum』備忘録の公開27日目です。
本日の備忘録はこちらです。

mindさん:『復活の理由』

以下追記より




mindです。自分語りしま~す。

■復活に至るまでの経緯
引退後十数か月ぶりにふとJEBのCV公開板を開き、1ページ目に半年以上前に公開された作品が残っていることに気づいて愕然とする
→「こんなんは良くない。なら俺がCV作ったろ!」
で復活しました。

■なぜCVにこだわるのか
ペン回しって今でこそ様々なオフラインイベントやオフ会が開かれていて、他のジャグリングと同じような雰囲気の活動体系になりつつある気がしますけど本来(というと語弊がありそうだけども)は全く違うんですよね。ペン回し黎明期においてはネット上で動画を見て技を学び、練習し、上達し、動画を撮る。それがこの娯楽の大部分であったはずです。
みなさんの多くは初心者の頃にCVを見て、イケイケな曲とシビれる編集に合わせて素敵なFSを披露する先人達に少なからず憧れのような感情を抱き、自分もああなりたいと思って練習に明け暮れたのではないでしょうか。 このように、ペン回しを始めた人がその後も長く続けていき、れっきとしたペンスピナーになれるのか、そのモチベーションの維持にはCVの存在が非常に大きい割合を占めるというのが僕の持論です。
今の日本のペン回し界は人材が圧倒的に不足しており、少数の精力的な人が頑張っている状態です。現状では、彼らの活動に感化されるような人が増えない限り、この界隈の活気は尻すぼみになっていくでしょう。これを防ぐためには、雰囲気作りや治安云々もさることながら兎にも角にもペンスピナーを増やす必要があります。人が増えればそれだけ可能性は広がりますからね。
そういうことで少しでもCVを作って新規流入に貢献できればと思い復活したわけです。当初は僕が立案者になって作品ごとに編集者を手配するタイプのシリーズものでも作ろうと思ったんですが、企画が固まる前にいくつかのCVや大会でFSを披露する機会を頂く中で「別に俺が焦ってCV作らんでもまずは動画を出して人のCVをより濃くするのもアリなんじゃないか」と思い始めました。そうこうしているうちにジャペンを作ることになったりして、まあこんな感じでいいかなあというのが現状です。リアルの生活が割ととんでもないレベルで多忙になってしまったこともあり、自分が主体となって企画を先導するよりは、現状の方向性で今後も活動していければなと思っています。
さて、本文はここまでです。具体的な数字など一切ない、独断と偏見に満ちたガバガバ分析に基づく僕の記事をここまで読んで下さりありがとうございました。これからもペン回し楽しみましょう。



以上,mindさんの備忘録で『復活の理由』でした。
ご投稿頂いたmindさん,ありがとうございました。

明日公開予定の備忘録はTigresさんの『今後のペン回し』です。

見て見て見てね!


コメント

No title

マインド引退しろ!

モナチョうるせえ!

ご参加ありがとうございます、Pragueです。
mindさんのCVへの愛が伝わってくる備忘録でした。
僕もmindさん復活に狂喜乱舞したスピナーの一人なので、mindさんがもたらすペン回し界への影響力は計り知れません。これからも一生好きです。

コメントの投稿

非公開コメント