【8月7日:更新】「シメトリカルバックアラウンドってこうじゃないですか?」

『Pen Spinning Memorandum 2017』備忘録の公開7日目です。

本日の備忘録はこちら!

Riku440さん:「シメトリカルバックアラウンドってこうじゃないですか?」

以下追記よりご覧下さい。どうぞ!




初心者なので森羅万象が分かんないので大恥覚悟で書きます。
「シメトリカルは手の甲側か掌側かが対照的」
「ミラードは手の親指側か小指側かが対照的」
って定義したほうがいいと思います。

てな訳でシメトリカルバックアラウンドは最初の動画の技になります。


今までシメトリカルバックアラウンドって呼んでた技はミラードバックアラウンドって呼ぶようにします。

二番目の動画はシメトリカルミラードバックアラウンド


三番目はシメトリカルソニックひねり


四番目はシメトリカルトライアングルパス


五番目はシメトリカルインフィニティ


シメトリカルネオバックアラウンド、シメトリカルネオバックアラウンドフォール、シメトリカルボフィーボ、シメトリカルシャフィーボ、シメトリカルボフィーボフォール、シメトリカルシャフィーボタイフーン、シメトリカルネオバックアラウンド、シメトリカル飛雲客コンボなんてのもできるんじゃないかなと思います。俺は出来ないけどw

p.s.
シメトリカルデビルズシャドウ・ソニック、シメトリカルデーモンズシャドウ・ソニック、シメトリカルツイストソニックバストってのも思いつきました



以上、Riku440さんの備忘録で『シメトリカルバックアラウンドってこうじゃないですか?』でした。
ご投稿頂いたRiku440さん、ありがとうございました。

明日公開予定の備忘録はqawsさんの『水カララッシュ』です。

次回もほっとけない!

コメント

No title

全然わかりませんでした。

No title

この定義の上ではシメトリカルバックアラウンドとバックアラウンドリバースはどう区別するのでしょうか?
そしてこの理論ですと2番目の動画ってシメトリカルミラードバックアラウンド「リバース」になるんじゃないでしょうか?
僕が意図を汲みとりきれていない部分もあるとは思いますがよろしければ返答お願いします。

間違えました

間違えました。二番目の動画はシメトリカルミラードバックアラウンドリバースでした。指摘ありがとうございます

最初のはさみ方が違うと思います。
シメトリカルバックアラウンドは掌を上にして軸指が上で挟む。バックアラウンドリバースは手の甲を上にして軸指が上で挟む。

今まで新しいシメトリカルバックアラウンドはバックアラウンドリバースって呼ばれてたんですか?

No title

返答どうもです!
 繰り返しになっちゃうんですが、この定義上のバックアラウンドリバースはどういう軌道になるのでしょうか?
 既存の定義で言うところの手起こしバックアラウンドリバースが新定義上ではシメトリカルバックアラウンドという解釈ならば、この定義上でのシメトリカルの意味するところは「元の技を手起こしかつ逆回転で行う」という認識でよろしいのでしょうか?(この認識通りなら話の吊りあいが取れると思います)

バックアラウンドリバースは掌を上にして軸指が下で挟む技になります

今新定義の手起こしバックアラウンドリバースに成功しました

でも新定義の手起こしバックアラウンドリバースは使い道なさそうなので従来の定義の方がシンプルだと思います。諦めモードに入りました

No title

仰ってる意味理解できました
この新定義上のシメバクは手のひらを上にしたまま、従来のバックアラウンドと回転面も180度逆になっている(手の表裏が完全に逆のバックアラウンド)ということですね!納得できました!
 そしてriku440さんの言っている通り使い道がかなり限られそうなのと、かなり近い軌道を描く技であるムーンウォークシメトリカルシングルアクセルソニックリバースが存在するってことが目のたんこぶになりそうです。この定義が受け入れられる日がきたらいいですね...。

No title

回転面が180度逆というより従来から鏡写しした角度って言う方が正しいですね。すんません。

質問ありがとうございます

大分端折って分かりにくくなってしまってましたね。『Beat Red』さんありがとうございます。

一応なんですけど、

シメトリカルシャドウや新定義シメトリカルデビルズシャドウはフェイクトソニックの勢いで回す。
新定義シメトリカルバックアラウンドや新定義シメトリカルネオバックアラウンドは手首のスナップで回す。

って定義ですね。

コメントの投稿

非公開コメント